飲食店に多い閉店理由とは

飲食店が閉店する理由にはいくつかあって、近年はオーナーが高齢化して営業を続けるのが難しくなるケースも少なくないです。

またオーナーが健康に不安を覚えたり、病気で休みがちになる場合も飲食店の閉店に繋がります。

一方ではライバル店の出現による客足の低下と売上の減少、あるいは運転資金の不足といった理由も挙げられます。

利益率が低い飲食店だと常に資金も少なくなるので、人件費にお金が回らず人手を集められないことが閉店の理由になり得ます。

経営に問題がなく安定しているように見えても、利益至上主義に走り商品やサービス、人件費を軽視し始めると飲食店の閉店は秒読みです。

経営が迷走し始めると、利益が安定しなくなって運転資金が減ったり底をつくことにもなりますから、オーナーが大胆な方針転換を口にし出したら要注意でしょう。

建物や土地といった不動産の関係で移転の必要が出てきた場合、手間や費用の都合で閉店を決めるケースもあります。

このように、飲食店は様々な理由でお店を畳むことがあると分かります。

                      

「飲食店を閉めるなら by ステディ」のトップへ