厨房機器の種類と選ぶポイントを解説

厨房器具とは飲食店の厨房や食品加工工場などで使用する機器のことです。代表的な厨房機器は冷凍冷蔵庫とシンク、ガスレンジが挙げられます。家庭用の機器を使っても差はないのではと思われがちですが、飲食店をはじめ業務で使用する際は、保健所の基準を満たした機器を使用する必要があります。冷凍冷蔵庫を購入するのポイントはサイズと扉の数を把握することです。出来る限り食品を良い状態で保存する為に、業態や規模に見合った容量の冷凍冷蔵庫を購入しましょう。また、シンクの水槽の数は一般的に1槽、2槽、3槽とタイプが分かれています。シンクは食品営業許可の基準を満たしたタイプを選ぶことが大前提です。ガスレンジはガステーブルとオーブンが一体化したものをいいます。上のガスコンロと下のオーブンで同時に調理が出来るので、時間を短縮し作業効率が上がるのが強みです。火力の微調整が可能なのは外管式で、内管式タイプには安全装置が付いています。