飲食店の閉店方法について

飲食店の閉店方法と言えば、店舗売却や業務委託や事業譲渡や業態転換などがあります。

店舗売却をする場合は、原状回復工事をしてスケルトン渡しをするのが最もポピュラーな方法です。

業務委託は店舗や業態をそのままの状態にして飲食店の運営を第三者に任せるというもので、事業譲渡は安心して経営を任せられる新しいオーナーを見つけて事業経営をバトンタッチするというものです。

業態転換は、廃業せずに業態を変えてリニューアルオープンさせるという方法です。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、運営状況や契約条件やお店の業績や経営者のライフステージや環境などに応じてベストな閉店方法を選ぶべきです。

閉店方法が決まったら、不動産会社や大家さんに連絡したり従業員に解雇通知をしたり役所に各種届出をしたりなどの手続きを速やかに行う必要があります。

不用品を処分したり業務用品を売却したり掃除をしたりなどの作業も必要ですし、取引先にお知らせをしたり常連さんに挨拶をしたりなども忘れてはいけません。

飲食店の閉店時にすべきこと

仕入れ業者や常連のお客さんやご近所さんにお知らせしたり従業員解雇の手続きをしたり大家さんや不動産会社に連絡をしたり役所に届け出をしたりなど、飲食店を閉店するときにすべきことは山のようにありますが、店内で使っていた業務用品の処分もその一つです。

冷凍冷蔵庫やコールドテーブルや食器棚や作業台や調理器具やテーブルや椅子など、店内にある業務用品はどれも高価なものですので、粗大ごみとして捨ててしまうのは勿体ないです。

そこでおすすめなのが、買取サービスを利用して売るという方法です。オークションに出品したり新しいものを購入する際に下取りに出したりフリマアプリを使ったりなど、売るための手段はいくつかありますが、安全性や確実性や効率性や利便性を求めるなら買取サービスがベストです。

プロの鑑定士が正しく評価して買取価格を算出してくれますし、査定から入金までがスピーディーかつスムーズです。

また、冷凍冷蔵庫などの厨房機器に関しても厨房機器の買取などを専門で行っている業者がありますのでそういった所に買取依頼をするのが良いかと思います。出品者と購入者の間で個人な取引をしなくて済むというのも安心ポイントです。